新人看護師の心構え

専門学校や大学で学ぶべき勉強を終え、実習も終え、試験に合格し看護師になるみなさんは、一年間新人として担当の教育係の元、今度は一から勤め先の病院ついて学ぶことになります。診療科ごとの違いや、病院の運営理念や職員に対する考え方、患者に対する応対の仕方をしっかり学び、本格的に仕事を始める心構えを整えましょう。
新人でいられるのは、最初の一年間だけです。次の年には新たな新人が入り、先輩になります。最初の一年間を大事にして、先輩看護師を見ながら技術的なことを向上させていき、精神面も強くなっていかなければなりません。事務的な仕事とは違い、毎日成長を感じられる仕事ですので、自分の成長を実感しながら実りのある一年を過ごして下さい。
教育係になっている先輩看護師も、見習って欲しいことを率先して実行します。そういった先輩の心遣いに気付けるような気持ちがあれば、患者に対する気遣いも上手に出来るようになるのではないでしょうか。素直に物事を受け止め、実践しようとする行動力も求められるので、先輩の後ろに隠れることなく現場を肌で感じましょう。
自分が一番、自分の教育に対して熱心であることが、何よりの成長を促します。看護師として働くための必要なことは何なのか。学生時代にはわからなかった現実がそこにはあります。毎日患者と接する中で、自分が長くこの職を全うするために必要なものは何なのか、自問自答しながら一人前になっていけるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です